在宅訪問医師紹介

医師紹介

私たちは、患者さん・ご家族の意思を尊重しながら診療を行います。

田村クリニック

安川 清貴 (やすかわ きよたか)
安川 清貴

在宅事業部長・田村クリニック副院長

日本大学医学部出身。平成6年卒業。田村クリニックの外来を担当するとともに訪問診療も行う。外来患者の高齢化や、老々介護・医療の必要な高齢者の独居などの問題を目の当たりにし訪問医療の必要性を実感。個人宅、老人ホームに赴き診察・処方を行い、時には看取りを行う。高齢者は複数の医療機関を受診し、内科以外の疾患をもつ患者も担当するため幅の広い知識が要求され、状況にあった対応を行い、服薬は必要最小限に留める様に心掛けている。
専門領域:血液内科

ページトップ

笹本 光輝 (ささもと みつてる)
笹本 光輝

 

 1960年11月生まれ。東京都出身。早稲田大学理工学部を卒業後、名古屋大学大学院にて航空工学を専攻。その後医師になることを志し、大学院を中退。信州大学医学部に進学。卒後は信州大学医学部第三内科に入局。一般内科の研修を受けた後、大学関連病院で循環器医として勤務。2003年12月まで小諸厚生総合病院循環器科医長を勤める。 2004年1月から田村クリニックに勤務。
専門領域: 循環器内科
医学博士
日本循環器学会循環器専門医


ページトップ

中島 英明 (なかじま ひであき)
笹本 光輝

1966年7月生まれ。東京都出身。東京大学工学部航空学科を卒業後、宇宙開発事業団に就職。その後大阪大学医学部に学士編入し、内科全般に多くの経験を積む。腎 ・透析分野で博士号取得後、帝京大学に異動。現在は、クリニックでの一般診療や在宅診療、企業での顧問医を兼任。 「往診を受けることになると、病院の外来に通院するのとは違いゆっくり相談できる反面、家で何かあったらどうしよう?と心配になるようです。そんな時、我々医師は他のスタッフと協力しながら、患者さんとそのご家族を出来るだけサポートしていきます。どうぞよろしくお願いします。
専門領域 : 腎・高血圧内科
医学博士
日本内科学会総合内科専門医 日本腎臓学会腎臓専門医  日本透析医学会透析専門医 日本医師会認定産業医

ページトップ

加藤 正典 (かとう まさのり)
加藤 正典

京都府京都市出身。東海大学医学部卒。昭和大学消化器・一般内科に入局後、昭和大学病院、東京都立広尾病院、国立がん研究センター中央病院(留学)などで腹部の外科を中心に診療していました。 5年程前からは地域医療として訪問診療など一般内科を中心に、消化管の内視鏡にも力を入れています。患者様と、その御家族を含めて、医療、介護のスタッフと、1つのチームを作っていけるよう努力したいと思います。 よろしくお願いします。
専門領域 : 消化器内科
日本外科学会外科専門医

ページトップ

高橋 有紀子 (たかはし ゆきこ)
高橋 有紀子

福島県立医大出身。平成5年卒。多摩ガーデンクリニックの外来を担当するとともに、成人領域の訪問診療を行う。小児科一般・新生児集中治療・母乳育児支援などに従事する過程で、全人的治療や家族支援の重要性を学び、田村クリニックにて在宅診療に携わる。個人宅の訪問や、時に看取りにも関与。「生まれてくる時も、去りゆく時にも、人は誰かの助けを必要とする」「患者様が、最もその人らしく過ごせるための支援を」が信条。
専門領域 : 内科・小児科
日本小児科学会小児科専門医 IBCLC(国際認定ラクテーション・コンサルタント)

ページトップ

南大沢メディカルプラザ

梅澤謙一 (うめざわ けんいち)
梅澤謙一

山梨大学医学部(旧・山梨医大)卒業。 地元川崎市に戻り、帝京大学付属溝口病院で初期研修を経て脳外科に入局。 その後、現在の医療における訪問診療の重要性を痛感するようになり、単独で訪問診療を行っていました。 平成28年12年より、田村クリニックと南大沢メディカルプラザの在宅訪問診療部、田村クリニックの健診、産業医、一般内科を受け持つこととなりました。 健診、産業医で一時予防(病気の予防)、二次予防(早期発見・早期治療)を行い、訪問診療では病気のために通院できない方々への在宅医療を行っています。 健診、産業医では、皆様の健康をどのようにして支えるかに知恵をしぼっています。 また、訪問診療では、ご自宅でいつも通りの生活を送りながら医療を受けたいと思う方々のお手伝いができる事に、喜びや楽しさを感じている毎日です。
専門領域 : 内科
日本医師会認定産業医


野村 祐二 (のむら ゆうじ)
野村 祐二

南大沢メディカルプラザ 名誉院長

在宅診療は近隣の限られた方々に提供してきましたが、平成24年6月1日付けで院内に居宅支援事業所が開設され、ケアマネージャーの資格をもつスタッフの協力が得られるようになりましたので、さらに皆様のお役にたてる可能性がでてまいりました。通院困難になった患者さん、最後まで住みなれたご自宅で過ごしたい患者さん・ご家族のご希望に少しでも答えられれば、と思っております。
専門領域 : 内科 日本医師会認定産業医


ページトップ

杉並堀ノ内クリニック

林 重之 (はやし しげゆき)
林 重之

 東京都出身。昭和56年に杉並区立杉並第六小学校卒業、高校卒業まで阿佐ヶ谷~高円寺で過ごす。平成7年に東京医科大学卒業後、東京医科大学霞ヶ浦病院にて消化器・一般外科学を研修。平成9年より東邦大学大橋病院第三内科・関連病院にて消化器内科・内視鏡専門医としての経験を積み、平成20年に東邦大学より医学博士号授与。平成22年3月より南大沢メディカルプラザ勤務、平成23年3月より同消化器内科部長に就任、現在に至る。

 消化器外来では内視鏡検査を最大限に活用して幅広く診療を行っています。当院では苦痛の少ない胃カメラ(経鼻・経口)と大腸内視鏡を受けていただけるように努力しており生検や大腸ポリープ切除術にも対応します。ピロリ菌の除菌も積極的に行っています。さらに血液検査や超音波(エコー)検査も併用して胃腸だけでなく肝臓、胆のう、膵臓などの状態からも腹部症状の原因を追究していきます。消化器疾患だけでなく発熱やめまい、頭痛や腹痛、風邪やインフルエンザ、花粉症、便秘や下痢、痔核、貧血、高血圧や高コレステロール血症、糖尿病や脂肪肝、メタボリック症候群などの体の不調も総合的に診させていただきます。区民検診や人間ドックなどの結果で不安に思っている事がありましたらいつでも御相談ください。疾病の予防や早期発見・治療に努めていきます。予防注射(インフルエンザ・肺炎球菌など)にも対応していきます。どこの科にかかったら良いか迷う場合も何でも気軽に御相談ください。

 訪問診療も担当します。訪問診療では通院困難な患者様が住み慣れた自宅で診療を受ける事ができます。心の状態や生活環境にも配慮して安心して過ごせるように全人的医療を実践します。さらに御家族も安心のできる環境を共に作っていけたらと思っています。よろしくお願い致します。

専門領域 : 消化器内科
平成7年 東京医科大学卒 医学博士 日本消化器内視鏡学会専門医
日本プライマリ・ケア連合学会認定医 日本ヘリコバクター学会 H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医 



山本 豊 (やまもと ゆたか)
山本 豊

1973年生まれ 東京都出身。東京医科大学 医学部卒業後、東京医科大学泌尿器科学教室入局。東京医科大学病院、東京医科大学八王子医療センター泌尿器科 助教授を経て、2014年4月からめぐみ会に参加。

できる限りわかりやすい説明を心がけております。健康管理のことで気になることがあればなんでも遠慮なくご相談ください。これからも住み慣れた地域での生活を続けられるよう応援いたします。
専門領域 : 泌尿器科・内科
日本泌尿器科学会認定泌尿器科専門医


ページトップ

田村 豊 (たむら ゆたか)
田村 豊

 1956年 静岡県生まれ。80年に京大法学部を卒業後、石油会社で2年間の会社員生活を送る。医者になるため会社を辞した後、岐阜大学医学部に入学。89年に同大学を卒業後、三井記念病院、国立がん研究センター(旧:国立がんセンター)、徳洲会病院、新東京病院、において内科、特に消化器内科領域の診療に従事。94年、田村クリニックを開業。 2年後、医療法人社団めぐみ会を設立し、都内に複数のクリニックを展開。2012年から一般社団法人多摩市医師会 会長就任。
常に前向きで最後まであきらめない性格は、そんな特異な経歴を持っているからである。 医者になったきっかけが、「人の世話をやける事」であるため在宅の患者さんの往診にも積極的に出かけて行く。外来の患者さんにおいても、少しでも異常のある患者さんには進んで検査を行い、病気の早期発見に心がける一方、アフターケアも万全で完治を目指し、患者さんの立場になって精神的な支えにもなれるように努力している。
専門領域 : 内科・消化器内科
医療法人社団めぐみ会 理事長
日本医師会認定産業医




ページトップ