医療法人社団 めぐみ会

電話でのお問い合わせ:042-311-2250

ドクターズコラム

2014年7月 1日

自然に治す力をお手伝い ~スポーツ・体操・散歩~

 ヒトには自然に治す力が備わっているので、スポーツや体操、散歩等で鍛練していていれば医療を必要としない方もいます。しかし怪我や慢性の疾患が重ければ、自力で治すことが難しく、整形外科治療が必要な場合があります。また、心臓や脳卒中、癌といった、これまで治らなかった病気が、医学の進歩によって治るようになってきています。しかしこれらの治療後、体力を消耗しますので、日常生活を快適に送れるようにリハビリが必要になります。体力は年齢とともに徐々に落ちてきます。リハビリを続けて、体力を戻し、維持していくことが必要なのです。私の専門は膝関節・腰ですが、膝が悪ければ、骨盤や脊椎にも悪影響が生じます。股関節や足関節も同じです。膝を治すには、膝だけでなく体全体のバランスを整えていくことが必要です。体になるべく負担の少ない治療を選択し、リハビリ、飲み薬、関節注射、装具作製を行います。腰や首の状態が悪い場合も同様で、バランスを回復させるようにリハビリ、飲み薬、ブロック注射を行います。また急性の怪我では、傷を処置し、骨折や脱臼で正しい位置からずれていれば、もとの位置にもどすように整復し、ギプス固定を行います。骨粗しょう症では、骨密度と採血で、程度に応じた薬を選択し、骨を強くするために、リハビリをしながら運動をしていただきます。

これらの治療は、私が昭和59に学部卒業後、様々な病院で経験し実践してきたことが礎になっています。

整形外科:鈴木誠也

担当クリニック:めぐみクリニック

ドクターズコラム

ページの先頭へ戻る